sslを意識しながらレンタルサーバーを比較しよう

レンタルサーバーを利用する際に注目するべきポイントの1つが、サイトの訪問者が安心して利用できるかという点です。ユーザーが信頼してサイトを利用できるかどうかを左右するポイントとして、sslがあげられます。

そのためレンタルサーバーを選ぶときには、sslも含めて安全性に注目しながら比較して検討することを忘れないようにしましょう。

そもそもsslとは何か

レンタルサーバー選びで重視するべきポイントの1つが、sslです。sslは「Secure Sockets Layer」の略で、ネットワーク上でデータを送受信する際に暗号化する仕組みです。データを暗号化することで、サイト上の情報が第三者に漏れるリスクを減らせます。

そのため信頼できるサイトかどうか判断する基準として、sslが導入されているのかという点に注目するユーザーも多くいます。つまりレンタルサーバーでsslが導入されているものを選ぶことで、安全性を確保してユーザーからの信頼性も高まるという点を押さえておきましょう。


sslサーバー証明書があると何が変わるか

データの送受信を暗号化する仕組みであるsslですが、具体的にどのような形で役に立つのでしょうか。レンタルサーバーでsslサーバー証明書がある場合には、個人情報を入力する場面でも、ユーザーは安心して利用しやすくなります。

特にECサイトでは、商品の購入情報だけではなく、クレジットカード番号や住所など多くの情報を入力します。入力したデータが暗号化されることで、第三者に情報が漏れるリスクを減らし、安心してユーザーが利用しやすくなります。

またssl=ECサイトで商品購入時に必要なものというイメージを持っている方もいます。ですが最近では、常時ssl化で、個人情報を扱わないサイト内のページでも、sslを導入して安全性の高いサイト作りを目指しているケースも増えています。

sslサーバー証明書には3つの種類がある

sslサーバー証明書には、大きくわけて3つの種類が存在しています。1つ目の種類であるDVは、ドメイン認証型のことを指します。ドメイン名を所有している名義に対して発行される証明書で、組織の情報を記載しなくても発行できます。

DVを採用している場合、通信の暗号化は可能でも、企業の実在性は保証されないので注意が必要です。2つ目の種類であるOVは、企業認証型のことで、企業の実在性の認証も可能です。証明書に記載される組織情報が偽装できないため、サイト運営者のなりすましの防止にもなるという特徴があげられます。

そして最後の種類であるEVは、実在証明拡張型になります。厳しい審査を通過したものにしかEVのsslサーバー証明書は発行されません。アドレスバーが緑色で表示されるEVという証明書を取得している場合、安全性の高いサイトと判断できます。

証明書の取得について考える

sslサーバー証明書に種類があるとわかっても、どのような種類を選べばいいのかわからず迷ってしまうこともあるでしょう。そこでレンタルサーバーとsslの証明書について考えるのであれば、運営したいサイトの内容に応じて、証明書の種類を考えていくのも1つの手です。

例えば個人が運営するブログや掲示板などの場合、組織を証明する必要もなければ、クレジットカードなどの個人情報を入力する必要もありません。そのためsslサーバー証明書の中のDVでも問題なく対応できます。また情報公開されている組織の実在性を証明して信頼性を高めたいという場合には、OVが適しています。

そしてECサイトなどのクレジットカード番号などの個人情報を入力する場合には、安全性が一番高いEVを選ぶようにしましょう。サイトを運営する目的と入力する可能性がある情報に応じて、sslサーバー証明書の安全性の高さを考えていくことが大切です。

レンタルサーバーとsslの料金を考える

レンタルサーバーを比較するとき、どのようなsslが利用できるのか確認しましょう。1つ注意が必要になるのが、無料ssl機能が備わったレンタルサーバーもあれば、別料金のケースもあるという点です。sslが無料で提供されているものなら、そのままサービスを活用することで安全性の高いサイト作りが目指せます。

一方でsslが別料金の場合、レンタルサーバー業者にとってssl証明書の販売が貴重な収入源として扱われていることもあります。ssl証明書の販売を行うことで、収益アップを目指している業者も多いということを把握しておきましょう。

そこでレンタルサーバーの料金を考えるのであれば、sslの証明書も含めたトータルの金額で考えていくことが大切です。

⇒無料期間を活用してjavaが使えるレンタルサーバーを選ぼう

sslだけで比較するのはNG

安全性の高いサイト作りのために、sslサーバー証明書の存在も重要なポイントの1つです。しかし利用者が安心して使いやすいサイト作りを目指すのであれば、ssl以外のポイントにも注目して比較していくことが大切です。

安全性の高いサイトであったとしても、ディスク容量や転送量が少ないと、処理速度が遅くなってしまいます。処理速度が遅いと、快適にサイトを閲覧できなくなります。安全性の高さと処理速度の速さを両立したサイトを作っていくことで、ユーザーの満足度を高めることにつながります。

トータルの金額で比較してみよう

sslサーバー証明書込みでレンタルサーバーの利用を考えていく場合のポイントの1つが、トータルの料金で比較していくという点です。証明書なしだと安く利用できるレンタルサーバーであっても、証明書込みで考えると相場より高くなってしまうこともあります。

そこで証明書込みの金額を比較しながら、どのようなレンタルサーバーの利用が適しているのか考えてみましょう。また金額を比較するときには、1ヶ月単位ではなく年間単位で考えてみるのも1つの手です。年間のトータルの金額を比較していくことで、状況にあった形でお得に利用できる業者を選びやすくなります。

このとき見かけの安さだけで選ぶのではなく、利用できる機能を確認して、コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを探すことが大切です。

⇒いくらなら安心?失敗しないレンタルサーバーの選び方とは

相場を含めて考えること

レンタルサーバーの選び方で迷ったときには、相場を比較することも必要です。ただし相場といっても、月額500円程度で利用できるものから、月々数千円以上かかるものまであるので、数字だけで判断するのが難しくなります。

しかし同じような機能やsslが利用できるレンタルサーバーなら、料金も同じくらいになります。そこで利用したい機能が搭載されているレンタルサーバーの相場を調べながら、利用するレンタルサーバーを検討していくのも1つの手です。

sslはサイトの安全性を示す指標

安心してアクセスできるサイトを選びたいと考えているユーザーは多くいます。そこでsslに注目してレンタルサーバーを選ぶことで、安全性を示す指標を獲得したサイト作りを目指せます。sslサーバー証明書にはいくつかの種類があるため、サイトの内容に合わせた証明書を利用できるようにしましょう。

またssl証明書における料金やssl以外の機能にも注目しながら、ユーザーが安心して利用できるサイト作りを目指すことが大切です。