レンタルサーバーを利用する前に勉強しておくべきポイント

会社や個人のホームページを立ち上げるために、レンタルサーバーの利用を検討している方も多くいます。ですがどのようなものか把握していないと、値段が高いわりに機能が少ないなど、自分に合わないものを選んでしまう可能性もあります。

状況にあったレンタルサーバーを選べるようにするためにも、勉強するポイントと選び方を考えていきましょう。

⇒無料期間を活用してjavaが使えるレンタルサーバーを選ぼう

そもそもレンタルサーバーとは何か

レンタルサーバーとは、借りて利用するサーバーのことを指し、ホスティングサービスと呼ばれることもあります。またサーバーとは、ネットワーク上のコンピューターから受けたリクエストに応じて、データや情報を提供するものです。

ホームページでは、サーバーに見たいページをリクエストすることで、人々はスムーズに閲覧したいページを見られるようになっています。ですが自分でサーバーの運営や管理をしようと思うと、膨大な知識を勉強する必要があります。

そこでレンタルサーバーを利用すると、多くの専門的な知識がなくてもホームページなどの運営や管理が行えます。難しい内容はすべて専門業者に任せられるのが、レンタルサーバーを使う特徴だと押さえておきましょう。

⇒レンタルサーバーとは?データの保管や管理について知ろう!

レンタルサーバーの種類を把握しよう

レンタルサーバーの利用を検討するとき、最初に勉強するべき点の1つが、どのような種類があるのかという点です。実はレンタルサーバーは、大きくわけて共用サーバー・専用サーバー・VPSの3つにわけられます。共用サーバーは、1つのサーバーを複数のユーザーが利用するタイプです。

複数のユーザーが利用することで、比較的安く利用できるというメリットがある一方で、自由度が制限されて使用できる容量が減るという注意点もあります。一方で専用サーバーであれば、1つのサーバーを1人で利用できるので、使用できる容量が多くなります。

ただし専用サーバーは料金が高めに設定されているので注意しましょう。またVPSは、共用サーバーと専用サーバー両方の特徴を持っています。1つのサーバーを複数のユーザーで利用しますが、共用サーバーより自由度が高く、専用サーバーより安く利用できるのがVPSにおける特徴です。

レンタルサーバーの種類を把握したうえで、予算や作りたいホームページなどの内容に合わせて、どのような種類が適しているか考えていきましょう。

⇒sslを意識しながらレンタルサーバーを比較しよう

サイトの規模を考える

レンタルサーバーを利用するときに大切な点の1つが、サイトの規模に合ったものを選ぶという点です。小規模な個人ブログのためにレンタルサーバーを利用したい方もいれば、ECサイトやコーポレートサイトなどある程度の規模のサイトを作りたいという方もいます。

個人ブログのような小規模サイトであれば、共用サーバーで問題なく対応できます。一方で大規模なECサイトなどの場合、専用サーバーのほうが適しているかもしれません。規模を確認しながら、利用するレンタルサーバーを選びましょう。

スペックの確認が大切

レンタルサーバーを利用する前に、スペックについて勉強しておくことも大切です。スペックにはCPUやメモリ、転送量などの項目があります。それらの項目を1つずつ勉強していくことで、自分に合ったレンタルサーバーが選びやすくなります。

専門用語ばかりで難しいと感じたら、Webページの表示速度やアクセスが集中したときの耐久性に問題がないか確認するのも1つの手です。実際にレンタルサーバーを利用してWebページの運営を始めるためには、さまざまな知識を得る必要があります。

効率よく勉強するべきポイントを押さえながら、必要な知識を身につけていきましょう。

サポート体制の確認も忘れずに

サーバーの利用を開始した場合、ブログやECサイトなどは基本的に24時間体制かつ365日運営で休みなく稼働することになります。そのためサーバーを利用しているときにトラブルが起きたとき、どのようなタイミングでもサポートしてもらえる体制が整っているか確認することが欠かせません。

実際にどのようなサポート体制を整えているかは、利用するレンタルサーバーの業者によって異なります。24時間365日体制で電話対応してくれる業者もあれば、特定の時間のみリアルタイムで問い合わせが可能なところもあります。

利用するプランによってサポート体制が異なることもあるので、確認したうえで選ぶことが大切です。


エラーが出にくいか確認しよう

集客のためにサイトを運営したいと考えている方がほとんどです。そのためレンタルサーバーを選ぶときには、集客力があるのかという点に注目することが欠かせません。実際にサイトを訪問した顧客がいたとしても、エラーが出たり表示速度が遅かったりするとページを閉じてしまう可能性があります。

そこで安心して利用できるレンタルサーバーを選ぶためには、エラーの出にくさに注目するのも1つの手です。エラーは同時アクセス数が増えることで起きる可能性が高くなります。つまり同時アクセスの負荷に強いレンタルサーバーを選べば、エラーが回避できるかもしれません。

料金は何に注目したらいいのか

少しでも経費を抑えるために、レンタルサーバーの料金を節約したいと考える方も多くいます。ですが安さだけでレンタルサーバーを選んでしまうと、自分で設定する部分が多い、同時アクセスが増えるとエラーが起きやすいなどの問題点があるかもしれません。

ある程度の知識がある方なら、自分で設定する部分が多いレンタルサーバーでも問題なく利用できるかもしれません。しかしほとんど知識がない状態から始めると、勉強しながら多くの設定をするだけで時間がかかってしまうこともあります。

自分の知識の量も考慮しながら、利用するレンタルサーバーを検討しましょう。

自動バックアップサービスに注目

料金が安いレンタルサーバーを選んだなどの場合、自動バックアップサービスがついていないこともあります。サイトを更新したときに間違えてファイルを消してしまったなどの場合でも、自動バックアップサービスがあればデータの復元ができます。

大切なデータを間違えて消してしまうトラブルが起きても安心して対応できるようにするために、自動バックアップサービスがあるレンタルサーバーを選ぶことも必要です。

押さえるポイントを確認しよう

レンタルサーバー選びでは、さまざまなポイントが存在しています。実際にどのようなポイントを押さえて選べばいいのか勉強し、状況にあったものを見つけましょう。またレンタルサーバーといっても、共用サーバーや専用サーバーなどの種類があることに加えて、サーバーを提供している業者にも多くの選択肢があります。

さまざまな条件を確認しながら、相性が良いレンタルサーバーを探すことが大切です。