いくらなら安心?失敗しないレンタルサーバーの選び方とは

数百社あるレンタルサーバーの中から、自分にあったサービスを選ぶのは容易ではありません。内容などを比較せずに値段だけで選んでしまう人も多いですが、目的と予算に合わせたサーバーを選ぶことで、快適で満足できる環境を用意できるのです。

ここでは、レンタルサーバーの相場や目的に合わせた選び方について詳しく解説します。

⇒sslを意識しながらレンタルサーバーを比較しよう


レンタルサーバーとは

自分のサイトやブログを始めたい人で、レンタルサーバー選びに迷っている人が多いです。レンタルサーバーとは、ネット上に住所を借りるイメージ。住所を借りてこそ、ホームページやブログなどを構築できるので、レンタルサーバーは必須です。

Web上のSNSやサービスは全てサーバーを使って作動しており、サーバーはWebサービスを運用するにあたり必要不可欠な存在となっています。サーバーにはクラウドサーバーやバーチャルプライベートサーバーなどさまざま種類がありますが、大企業では自社でサーバーを持つことが多いです。

管理や保守を行う専門の人員がいて、セキュリティ対策やトラブル発生時などの対応も全て自社で行う必要があり、コストも膨大になる傾向があります。個人や中小企業の場合にはレンタルサーバーを利用するのが一般的です。

レンタルサーバーとは、1つのサーバーを多くの人が利用するため安価な価格で、保守などの必要もありません。サーバーの機能やOSなどはサービス提供者によって決められていますが、サーバーの知識がない人でも安心して利用できるメリットがあります。

サーバーの管理や運営の費用を抑えるためには、レンタルサーバーを使うのが最適です。

レンタルサーバーでできること

レンタルサーバーを借りると、ホームページを開設することが可能です。1つのサーバーをレンタルするだけで複数個のホームページやブログの運営ができるほか、.comなどのドメインを取ることで、独自URLの運用ができるようになります。

サーバーの管理は、レンタルサーバー提供会社がするため、保守の手間もかかりません。実際に、レンタルサーバーを利用したWebサービスでは、ネットショップやアフィリエイトを使ったブログでよく使用されています。

独自ドメインを持ち、自分だけのメールアドレスが作れるため、問い合わせ対応なども可能です。セキュリティ面では、Webサイトでクレジットカード情報などを入力する際、SSLサーバー証明書が必要になっています。

レンタルサーバーでも無料SSL証明書が利用可能で、サイト全体を安全に暗号化することが可能。訪問者が安心して閲覧できるサイトにすることで、アクセスアップを期待できます。レンタルサーバーは初めて借りる人も多いため、利用方法から質問まで無料でサポートしてくれるレンタルサーバー企業が多いです。

システムやサーバーの知識がなくても、0から気軽に始められます。

目的にあったレンタルサーバーとは

Webサイトを公開するときに、どのサーバーがよいのか違いがわからないという人はいませんか?レンタルサーバーはどれも同じ仕様ではなく、使用する目的に応じて選ぶ必要があります。例えばブログ運営をする場合、WordPressをインストールできる仕様になっているレンタルサーバーが便利です。

ブログやホームページの場合には、最安のプランでも問題はないでしょう。動画配信をしたい人は、転送量が無制限のサーバーを選ぶことが重要で、転送量が多ければ多いほど安定した配信が可能になります。企業サイトなどで利用したい時には、ビジネスプランが安心です。

SNSなどで商品やサービスが紹介されると、アクセス数が急増してサイトがダウンしてしまう恐れがあります。ビジネスプランなどを選ぶと利用枠が多い、複数ドメインに対応可能などのメリットが多いです。

レンタルサーバーの初期費用と月額費用の相場とは

WordPressが使えるレンタルサーバーでは、初期費用は0円に設定されていることが多いです。月にかかってくる利用費は、通常プランで月額500円ほど。多くの企業が1,000円以内の費用でサービスを提供しています。

容量を使わないWebサイトの運営であれば、1,000円以内のプランで問題ありません。ホームページへのアクセスが多くなる場合や、画像や動画を多く載せる場合には安定して使えるスペックを選ぶと安心でしょう。よくある無料で使えるレンタルサーバーは、容量が少ないだけでなく、広告が表示される仕組みです。

運営会社がサービスを終了すると、ホームページやブログもなくなってしまう可能性があるため、ビジネスで使いたいのであれば有料のサービスを準備します。レンタルサーバーの月額費用以外に、ドメインの費用も必要です。

ドメイン費用は、.comや.jpなど種類によって価格が異なります。.comはよく使用されているドメインの種類ですが、新規取得に1,000円程度、更新料で毎年1,000円程度が必要です。.jpは、日本在住者のみが取得できますが、価格相場は新規取得、更新に3,000円と比較的高いため、目的に合わせてドメインを取得しましょう。

ホームページ1つを運用する場合には、レンタルサーバー費用とドメイン費用を合わせて年間7,000円〜10,000円程度かかります。

⇒おすすめの激安レンタルサーバー!選ぶ時の注意点も知っておこう

レンタルサーバーを選ぶ時に知っておきたいこと

レンタルサーバーを選ぶ時には、価格だけでなくストレージ容量や転送量、WordPressなどが使えるかを中心に選ぶと安心です。ストレージとは、サーバーへデータを格納するデータ容量のこと。30GB程度あると余裕を持って使用できます。

転送とは、サーバーからサイト閲覧者のブラウザへデータを転送する時に使われるデータ量のことですが、転送量が多いもしくは無制限のサービスを選ぶと安定したサイトの運営につながるでしょう。WordPressを使いたい人は、サーバーがWordPressに対応しているかどうかを確認することが必須です。

安いレンタルサーバーは、WordPressを簡単にインストールできないこともあるので注意してください。SSLは、SSL証明書が有料の場合もありますが、Let’s Encryptのように無料でSSL化ができるサービスがあります。

サーバーがどのようなSSLを利用しているのか確認してから契約しましょう。運用実績が長く、安定したサービスを提供しているレンタルサーバーは、初めての利用でも安心です。サーバーの稼働率やサポート体制とあわせて自分に合うレンタルサーバーを選んでください。

⇒無料期間を活用してjavaが使えるレンタルサーバーを選ぼう

利用するべきレンタルサーバーの価格帯とその機能

レンタルサーバーを選ぶ時には、月額費1,000円程度で必要な機能が揃ったサービスを利用するのが最適です。ブログ運営ならば、WordPressが使えるほか、SSL化が無料ででき訪問者が安心してサイトを訪れることができるようにしましょう。

年間1万円以内でWebサービスが始められるレンタルサーバーは、実績があり、安定した運営をしている企業が最適です。